敷地は、岡山県北部の出雲と大和を結ぶ鉄路として栄えた出雲街道沿いに位置する。周囲を山々に囲まれ緑豊かなこの地域の老朽化した小学校の改築工事である。5mの高低差のある敷地形状を利用して1階をRC造とし半地下状に埋めこみ、2階部分を木造とした。これにより全体のボリュームを押えこむことが可能になり、北側道路からは木造平屋建の校舎に見えるようにしている。
背後に迫りくる山々の風景に建物を呼応させるように、細長い四寸勾配のボリュームに、カネ勾配の切妻屋根と、多目的ホールの八角形の屋根とを組み合わせて配置している。そして中央の切妻屋根の端部を斜めに切り落とし、軒を屋根より緩やかな七寸勾配の角度で仕上げていくことで、軒に用いた羽目板が瓦の勾配屋根を視覚的に引き立たせている。
生徒数の変動によって、クラスの形態が変動していく可能性があったため、学校側との打合せの中でも、将来のクラス形態の変化を考慮していろいろな使い方のできる教室が求められた。そこでワークスペースを各教室間に挟みこみ、木建具で仕切ることで、教室スペースを繋げたり、区切ったりと自在に可変できる配置としている。
内部空間に関しては木の鮮やかさを最大限引き出せるよう、木部以外の色彩を可能な限り排除する計画とした。ただし、木材を使用しすぎると光の拡散を妨げるため、暗い空間になってしまう。そこで木の見付部分と他の部分との割合を配慮しながら木材を使用した。具体的には木材を面として扱うのではなく、付鴨居等の線材を中心とした使用方法をとることで内部の明るさを保ちつつ、木材の暖かみを感じ取ることのできる空間を目指した。
高窓から入りこむ光が、木造のトラスの合間から廊下に降り注ぎ、光は、壁で拡散され木部を鮮やかに照らし出していく。シンプルな架構の連なりが、子供たちの脳裏に焼きつきます。8角形の多目的ホールと同様、この地域の木のにおい、鮮やかさ、感触、子供たちには感じ取れるものはすべて感じ取ってもらいたいと願っています。未来に旅立つ子供たちの記憶の中に、木のイメージを刻み込むための空間です。

公立学校優良施設表彰 文教施設協会協会賞 新建築2011年12月別冊「都市に森を作る」掲載

MPSPRJ01 MPSPRJ02 MPSPRJ03 MPSPRJ04 MPSPRJ05 MPSPRJ06 MPSPRJ07

  • 用途 小学校、共同調理場
  • 場所 岡山県真庭市
  • 構造 2,572.60㎡ /RC造、一部木造、S造/ 2階
  • 竣工 2006年 (バナック総合設計所属時)