色々と計画していくと課題が出てきます
今回のPRJのお題は「湿気対策」
金型を作成する工場ですが、梅雨時の湿気にはいつも悩まされておられました。
僕が拠点としている岡山では、湿気対策には換気をと考えてしまいがちですが
九州の場合はそんなことは通用しません。
一度長崎で経験がありましたが、梅雨時には外がミスト状になっていてまるでサウナの中に入った感じでした。
そこで換気をしても中に湿気を呼び込むだけで湿気対策というより逆効果になってしまいます。
今回は、設備設計の方とも相談して外気を取り入れる際に除湿の工程を入れることにしました
また、あまり湿気を気にしない部屋でも給気には可動ガラリを設置します。
湿気のひどい梅雨の時期と通常の時と給気量を自由に調整ができるようにしています
ローテクですが一番壊れないやり方です

03